一人でも最後までボトルワインを楽しむ秘密のポイント3選

 

wine29_1

美味しいワインを一人で楽しみたい気分の日。
でも、一人だから全部飲みきれなかったらもったいない…なんて思うこともありますよね。
飲みきれなかったワイン、飲み残してしまったワインでも、一人で最後まで楽しむポイントを3つご紹介します。
まずは、「次の日も飲んでみる」ということです。
ワインによっては、空気に触れた後の方でまた味わいが変わることがあります。特にデイリーで楽しむお手頃の若いワインなら、あえてボトルを振って空気に触れさせて酸化させることもあるほど。一日で飲みきるのは、実はもったいないことだったのです。開栓した直後、空気に触れさせた後と何度でも楽しめます。
数日置く時は空気中のホコリなどが入らないように、しっかり栓をしましょう。ペットボトルに入れ替えて冷蔵庫に保存してもOKです。

残ったワインはお料理などに活用

wine29_2

ちょっと口に合わなかったけど、捨てるにはもったいないというワインもありますよね。
そんな時はホットワインやサングリアなど、フルーツやスパイスを加えて楽しむのもお勧めです。酸味が気になるワインなら、リンゴや干しブドウなどの甘いフルーツを入れたりして調整してみるのもいいですね。
フルーツをカットするのが面倒なときは、オレンジジュースなどの100%フレッシュなジュースで割るのもおすすめです。手軽で簡単に楽しめるので、みんなで楽しんでいるパーティーでもお洒落にアレンジすることが簡単です。
または料理酒として、カレーやデミグラスソースを作る時に隠し味で使ったり、ワイン塩などのスパイスを作ったり、お料理のアレンジとして使うのも手です。

ワインでお風呂!?

wine29_3

それでも残ってしまった場合は、思い切ってお風呂に入れてしまいましょう!
ワイン風呂につかうワインは少量でも構いません。
ただし、温度を低めに設定しておかないと、お酒に弱い人は酔ってしまうことがあるので注意が必要です。入浴後は浴室に色がついてしまうので、しっかりとお風呂を洗う必要があります。タオルなどがお湯につかないようにしましょう。
ワイン風呂は血行を促し新陳代謝を促進させてくれます。体中のコリがほぐれ、風邪予防にもなります。白ワインなら乾燥肌に効果があるといわれているので、どちらでも楽しめますよ。
もし残ってしまったワインがあったら、是非参考に試してしてみて下さいね。

名入れ酒ふー工房では様々な種類の名入れワインとグラスセットを用意しております。
オススメの名入れワインとグラスセット商品一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket