超有名シェフが監修した日本の調味料と赤ワインのマリアージュとは?

 

wine27_1

近年、赤ワインを使った調味料がブームになっています。
その一つが「ワイン塩」です。
市販されているものもありますが、比較的簡単に自分で作ることができます。
煮立てたワインに塩を入れて、焦がさないように混ぜながら炒めるだけで作れるので、お洒落な調味料として注目されています。
ちょっと口に合わなかったワインや、パーティーなどで飲み残してしまったワインを使って手軽に作ることができるのもポイントで、ワイン塩にハーブやスパイスなどを調合してオリジナルのワイン塩を作ることができるので、お料理が好きな人は楽しみながら作っています。ステーキや天ぷら、冷奴など、塩でいただくと美味しいお料理にピッタリです。

フレンチの巨匠ジョエル・ロブションが監修した日本の調味料とは

wine27_2

そんな中、誰もが憧れるフレンチの巨匠ジョエル・ロブションが監修した日本の調味料があることはご存知でしたか?
世界最高の料理人と言われたロブションが、あの有名メーカー「ヤマサ醤油」とコラボレーションし、「ヤマサ鮮度の一滴グルメしょうゆ」を作り出しました。
林檎やザクロなどのフルーツに加えて赤ワインなどをブレンドし、果汁の甘み、そして赤ワインのコクが調和したお醤油が登場しました。
「醤油」という調味料に規制概念や先入観がないロブションだからこそ実現した醤油と赤ワインのマリアージュが注目の的になっています。

赤ワインを使って作られたお醤油でおもてなし料理はいかがですか

wine27_3

鮮度の一滴といえば、最後の一滴まで鮮度を落とすことなく美味しくいただけるように開発されたパッケージでご存知の方も多いと思います。
このグルメ醤油は、なんと塩分を50%もカットしてしまいました。
塩辛さのないまろやかな味が特徴で、「飲めるしょうゆ」とも言われています。
ローストビーフやサラダ、海鮮料理、バターしょうゆで作るお料理にも使える万能調味料となって仕上がっています。
赤ワインを使って作られたお醤油ですから、お料理と赤ワインの相性は抜群です。
おもてなし料理にワインを使った調味料、是非試してみてはいかがでしょうか。

名入れ酒ふー工房では様々な種類の名入れワインを用意しております。
オススメの名入れワイン商品一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket