“アロマ”と“ブーケ”を使い分けてワインを表現しよう!

 

wine21_1

ワインを回しながら香りを楽しみ、一口含んで「ブラックベリーのようなアロマと、枯葉のようなブーケが…」と表現するのを聞いたことがありませんか?
「アロマやブーケっていったい何?」と思ったことがある人もいると思います。
簡単に言うと、アロマは果実自体の香り、ブーケは熟成しているときに生まれる香りです。
ブドウ自体は花びらやブラックベリー、木イチゴなどで表現することができますよね。
対して、ワインになった後、熟成した時にしか分からないのが樽の香りや土の香りとなります。そのため、ボジョレーヌーボーは“熟成させないワイン”なので、ブーケはほとんど感じられないのが特徴ともいえます。

wine21_2

アロマに関しては、第一アロマ、第二アロマがあります。
第一アロマは果実そのものの香りを表現します。キイチゴ、チェリー、ブラックベリーなどの表現が良く使われます。果実や野菜をイメージさせるような表現になりますね。
第二アロマは、バナナ、蜜蝋、ブリオッシュ、バニラのような香りなど、発酵中の酵母による影響を受けた香りを表現します。
ブーケは、第三のアロマとも言われていますが、瓶熟成の後に現れる香りです。樽、枯葉、ナッツ、なめし皮の香りなどの表現があります。

テイスティング時に気をつけること

wine21_3

テイスティングする際に気を付けたいのは、香りを表現したいために長い時間香りを楽しんでしまうことです。香りは第一印象が一番大切なので、あまり長く嗅いでいると初めに感じた香りの記憶が曖昧になってくることがあります。
実はこのアロマとブーケの違い、ソムリエ試験では重要なポイントになります。
プロになると、香りを嗅いだだけで何のブドウを使っているのか、どの程度熟成されているのか分かるようになると言います。
プロにならずとも、自分の好みを把握するためにもワインを飲むときに表現を記憶しておくといいかもしれませんね。

名入れ酒ふー工房では様々な種類の名入れワインを用意しております。
オススメの名入れワイン商品一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket