ボジョレーだけじゃない、新酒の解禁日が続くワインの秋

 

wine10_1

フランス以外でもある解禁日

ボジョレー・ヌーボーの解禁日は毎年11月の第三木曜日と決まっていますが、これはフランスのワインだけの話で、実はイタリアワインのヴィーノ・ノヴェッロや、日本で作られている山梨ヌーボーにも解禁日があります。
そもそもボジョレーは、その年のブドウの出来栄えやワインの仕上がりをチェックする試飲用のお酒なので、普通のワインが出来上がるより早く試飲できなければならず、仕込んでから2か月程度で飲めるようにするため、普通のワインとはブドウも醸造方法も違います。
ヌーボーは生ビールのように鮮度が重要なお酒なので、早めに飲みきってしまう方が美味しく楽しむことができます。

毎年10月10日のイタリア

wine10_2

イタリアのヴィーノ・ノヴェッロは元々11月6日が解禁日と決まっていたのですが、2012年以降から毎年10月30日になりました。
気候の変化などが影響してブドウの熟成と収穫が早まることで、ワイン作りを始める時期も早まったことが原因ではないかと言われていますが、詳しいことは発表されていません。
ただ、ノヴェッロはボジョレーのように産地やブドウの種類に制限がないため、様々な品種のブドウを使った赤や白、ロゼのワインもあるので、豊富な種類の新酒を楽しむことができます。

毎年11月3日の山梨ヌーボー

wine10_3

日本の山梨ヌーボーは11月3日が解禁日です。
実は日本ではフランスやイタリアのように特に解禁日が決まっているわけではありませんので、あまり大々的に宣伝されずに販売されていることがあります。
山形で作られたヌーボーは9月下旬頃、長野で作られたヌーボーは10月初旬頃など様々です。
制限がないぶん、それぞれの醸造家たちの判断で「美味しい」と思ったタイミングで出せるというメリットがあります。
市場の流れに乗せられず、自分たちの味を追求しこだわる姿勢は日本人ならではの真面目さと職人気質を感じさせます。
フランスワインだけでなく、イタリアや日本の新酒にも目を向けてみると美味しい出会いが待っているかもしれません。

名入れ酒ふー工房では様々な種類の名入れワインを用意しております。
オススメの名入れワイン商品一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket