最近流行の飲みきりタイプのワインが可愛い!

 

wine6_1

不意に「ワインが飲みたい」と思った時、一人だとボトルを開けてしまったら、残した時に酸化などの味の変化が気になって一人で飲むには手が出ないという方や、どうしてもワインが飲みたくなったら友達を誘ってレストランやバーに行って飲むという人も多いと思います。
最近では、飲みきりサイズのワインが続々と登場しています。
ワンカップのお酒というと、あまり良いイメージではないと思いますが、ワインはパッケージデザインにもこだわった商品が多数登場しています。

大人気飲みきりサイズのワイン

wine6_2

オーストラリア産の「The Tulip(チューリップ)」は、その名の通りチューリップ型のグラスにワインを入れた飲みきりサイズです。
グラスはペットボトルでできているので軽く、上蓋を剥がすだけで飲むことができます。
アメリカのスタックワインズ社は、ピクニック用のかごやクーラーボックスの中に積み重ねることができるデザインの4個組のカップ入りワインを作りました。
他にも、フェツァーヴィンヤーズ社がスタジアムに持ち込める187mlのグラス型のワインを開発するなど、飲みきりサイズのワインという新たな市場に広がりを見せています。

コンパクトに一人でも楽しめるワイン

wine6_3

海や公園などのアウトドアやキャンプなどでゴミを持ち帰る場合は、なるべくコンパクトにできたら嬉しいですよね。
ワインは普通、瓶のボトルでコルクの場合は専用の栓抜きも必要になってしまいます。持って帰る手間を考えると、紙パックやペットボトルは嬉しいサイズですよね。
日本で最も知られているのはワインボトルの形をした紙パックの「ONE GLASS(ワングラス)」というイタリアワインです。
カンや瓶、コルクではなく紙ごみとして捨てることができる容器はちょうどグラス一杯分の100ml入りになっています。
ピクニックにはもちろん、一人でちょっとだけお酒を飲みたいというときに、グラスに注ぐだけで飲み残しも気にせず自宅で一杯分のワインが楽しめます。
一人でもお洒落に美味しいワインが楽しめるのは嬉しいですね。

オススメの名入れワイン商品一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket