オーガニックワインとビオワイン、自然派ワインのそれぞれ

 

wine2_1

ワインの歴史の中でも比較的最近話題になっているのが自然派のワインです。
ブドウや醸造方法など、ワイン造りにおけるブドウ栽培から作り方まで、自然派ワインと言っても、その工程一つが違えば呼び方は変わってきます。
何がどう違うのか、今一つ分かりにくい自然派ワインについて、ここでは「オーガニックワイン」と「ビオワイン」についてご紹介していきます。
少し難しい言葉もでてきますが、できるだけ分かりやすくご説明していきますので、どうぞ最後までご覧ください。

オーガニックワインとビオワイン

wine2_2

一般的に販売されている「オーガニックワイン」は、簡単に言うと無農薬で育てたブドウを使って醸造したワインを言います。
そもそも日本では認証を受けずにオーガニックを自称することはできません。
土づくりに必要な化学肥料や化学農薬を使わずに育てたブドウを使います。
日本における「有機JAS制度」は輸入された農産物および農産物加工食品にも有機JASマークは必要とされているので、気になる方はご購入される前にラベルをチェックしてみるのもいいですね。
対して、「ビオワイン」は、オーガニックと異なり任意で使用できる名称です。
各国にそれぞれ基準があり、EUではエコセールという団体が認証を行っていますが、日本支部であるエコサートジャパンではビオワインを認証対象としていないのが現状です。

wine2_3

ここでしばしば議題になる、添加物の一つである「亜流塩酸」ですが、オーガニックワインにも含まれています。
ワインを楽しむ人なら「マッチを擦ったような香り」という表現をよく耳にすると思いますが、その正体が亜流塩酸です。よく漂白剤と同じ成分だから体に悪いとされていますが、自然派ワインに含まれている亜流塩酸は醸造過程において自然に作られる「自然酵母」にも発生します。人間が意図的に入れなくても自然と発生するものです。
ワインは生き物なので、酸化防止のために亜流塩酸は必要なものです。逆に、亜流塩酸が入っていないワインは防腐剤が入っていない、または少ない状態なので、輸送中に発酵が進むことで酸化してしまい、味が落ちてしまうというデメリットがあります。
オーガニックワインは美味しくない、低品質だと言われてしまう所以ともいえますね。
でも、最近では美味しいオーガニックワインも出てきているので、いろいろ試してみるのもいいかもしれませんよ。

 

さらにオススメ商品はこちら

名入れワインとグラスセット商品一覧
名入れワイン商品一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket