プレゼントに名入れワインを贈る時のちょっとしたポイント

 

wine1_1

プレゼント用ワインの選び方

名入れワインやグラスで世界に一つだけのプレゼントはとても喜んばれる贈りものです。
いざプレゼントにワインを贈ろうと思っても、たくさんの種類の中から何を選んだらいいのか分からなくて、どれにしようか迷ってしまうものです。
店員さんに聞くのが一番早いのですが、贈る方がどんな味の物が好きか分からない場合は困ってしまいますよね。
そんな時は、「どんな時に飲んでほしいか」を考えると選びやすくなります。
例えば、ホームパーティーで持ち寄りの時に選ぶなら食事に合う赤ワイン、乾杯の時にみんなで楽しむならシャンパンにするなど、ちょっとしたことでも選択肢が絞られてきます。
ここではワインの選び方について少しだけご紹介させていただきます。

手土産にはフルボディのワインがオススメ

wine1_2

例えばホームパーティーや友人宅の食事会に呼ばれたときのプレゼント、手土産として選ぶなら、みんなで楽しめるフルボディのワインがお勧めです。
よく聞く「フルボディ」という語感から、容量のことと間違えやすいのですが、味わいを表現する言葉です。
味や香りが濃厚なワインをフルボディ、軽やかなワインを「ライトボディ」と言います。
濃い味付けの肉料理が並ぶディナーだったらフルボディ、あまりワインを飲みなれていない方や、休日のランチの時に少しいただくならライトボディを選ぶといいですね。
赤ならお肉と合わせて、白なら魚と合わせるのが一般的と言われていますが、お好きな方で構いません。実際に、白ワインでも肉料理と合うワインもあります。常識にとらわれることなく、好きに飲むのがホームパーティーの楽しみです。

迷ったらスパークリングがオススメ!

wine1_3

赤か白でも選べないときは、スパークリングワインを選ぶのも一つの手です。
シャンパンもスパークリングワインの一つです。
ボルドーがワイン産地のひとつであるように、シャンパンはシャンパーニュ地方で、かつシャンパーニュ方式で作られたものをいいます。
どんなお料理にも合うのがスパークリングワインの良いところですが、スパークリングワインにも甘口と辛口があります。
フルーツや前菜と合わせるなら甘口、揚げ物などのお料理と合わせるなら辛口がおすすめです。

ワインがお好きな方でお料理と楽しむなら「フルボディの赤ワイン」、ランチタイムや飲みやすいタイプをお探しなら「ライトボディの白ワイン」、華やかなシーンで盛り上がりたい、何を選んだらいいか分からないという方には「スパークリングワイン」がお勧めです。
検索するときや、お店の方に相談するときに是非参考にしてみてください。きっと素敵なワインと出会えますよ。

 

他にもオススメはこちら

名入れワイン商品一覧
名入れシャンパン商品一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket